審査は厳しい?GMOあおぞらネット銀行の「あんしんワイド」を試してみた!

審査は厳しい?GMOあおぞらネット銀行の「あんしんワイド」を試してみた!

アバター投稿者:

■筆者紹介

まさむね
※東京下町にある中小企業を経営。

GMOあおぞらネット銀行は、その柔軟な融資オプションで知られていますが、中でも極度型の融資「あんしんワイド」は、多くのビジネスオーナーに注目されています。このプランは、必要な資金を柔軟に、迅速に提供することで、急な資金需要に応えることが可能です。今回は、この融資プランの全貌に迫り、その機能と利便性を詳しくご紹介します。

あんしんワイド:柔軟性の高い法人向けビジネスローン

GMOあおぞらネット銀行は、その中長期戦略の主要な柱の一つとして「スモール&スタートアップ向け銀行No.1」を目指しています。同行は特に法人顧客のアクセスしやすいローン商品を提供することに注力しており、その一環として、クラウド会計データを活用して決算書の提出が不要な「GMOあおぞらビジネスローン(freee会員向け)」や、法人口座に初期から10万円の融資枠を提供する「あんしん10万円」などの製品を市場に投入しています。これらの製品は特に創業期や起業初期の顧客からの支持を集め、使いやすさで高い評価を得ています。

GMOあおぞらネット銀行は2022年5月に融資枠型ビジネスローン「あんしんワイド」という極度型融資のビジネスローンを新たに開始しました。これは、特に成長フェーズにある法人向けに設計されており、最大1,000万円までの融資枠を提供します。このローンは決算書や事業計画書の提出を不要とし、代わりに銀行口座の過去3ヶ月以上の入出金データに基づいて審査を行います。

創業初年度の企業や前年度に赤字を出している企業でも、最近の取引状況によっては融資を受けられます。また、他行の金融機関を使用している顧客も、「freee入出金管理」を通じて自身の金融機関の明細を連携することで申込みが可能です。融資枠内ではいつでも必要な金額を借り入れ・返済できる柔軟性があり、利息を抑えつつ資金計画に合わせた資金調達が行えるというのがこのローンの特徴です。

極度型融資とは?融資枠内で自由に資金を管理

極度型融資とは、金融機関があらかじめ設定した最大限度額の範囲内で、借り手が必要に応じて複数回にわたり資金を借り入れたり返済したりできる融資方式です。これは一般的には「クレジットライン」とも呼ばれ、顧客は設定された融資枠内で自由に資金を管理できるため、資金の流動性が高まり、急な運転資金が必要なときに柔軟に対応できます。

この方式の大きな特徴は、全額を一度に借りるのではなく、必要な時に必要な額だけ借り入れることができるため、利用した金額に対してのみ利息が発生する点です。そのため、無駄な利息負担を減らしながら、資金の使い勝手を良くすることができます。企業が予期しない出費や短期的な資金繰りに対応する際に有効な融資方法とされています。

申し込みから融資受取まで:オンライン完結の「あんしんワイド」

申し込みから融資受け取りまでオンラインで完結します。具体的な手順は次の通りです。


ステップ1:アカウント作成

  • パソコンユーザーは、サイト上の「無料で利用を開始」ボタンをクリックします。
  • ‘freee入出金管理アプリ’を希望の場合は、アプリをダウンロードし、「新規登録」でfreeeアカウントを新規に作成、その後ご自身の金融機関口座をアプリに連携させます。
  • すでにfreeeアカウントを持っている人は、ログインして直接利用開始できます。

ステップ2:申し込み

インターネットバンキングまたはWebサイトを通じて申し込みます。


ステップ3:オンライン面談

法人代表者とのオンライン面談を行います。


ステップ4:審査

審査結果はメールで通知されます。


ステップ5:契約締結、融資受け取り

契約を締結した後、インターネットバンキングを利用して融資を受けます。


(注: GMOあおぞらネット銀行以外の金融機関口座をお持ちの場合は、ステップ1から手続きを開始します。GMOあおぞらネット銀行の口座をご利用の場合は、ステップ2からの手順に従います。)

メリットが多い「あんしんワイド」

創業間もない法人も申し込みできる:

法人のみを対象にしています。創業間もない法人も、「あんしんワイド」に申し込むことができます。審査は申し込み日の前月から数えて3ヶ月以上の連続した入出金明細に基づいて行われます。連続した3ヶ月の明細がない場合には、通常の条件に基づいた限度額や利率が適用されます。GMOお得意さま応援ローン特約の場合は、GMOインターネットグループとの取引内容に基づき審査されるため、3ヶ月以上の銀行口座の入出金明細がなくても申し込み可能です。

審査書類に決算書や事業計画書は不要:

GMOあおぞらネット銀行の審査プロセスでは、顧客の銀行口座の入出金明細などの取引データを基にして行われ、決算書や事業計画書の提出は不要です。ただし、「freee入出金管理 with GMOあおぞらネット銀行」を利用する場合は、同期した銀行口座の通帳のコピーを提出する必要があることがあります。GMOお得意さま応援ローン特約については、GMOインターネットグループとの取引内容に基づいて審査が行われ、これらのデータはグループ各社から提供されるため、顧客からの追加提出は必要ありません。

やはり、決算書の提出が要らない、更に事業計画書も要らないというのが大きなポイントです。事務負担が少なくて良いです。

審査に来店は不要:

銀行訪問は必要なく、担当者との面談は電話またはビデオ通話で行います。ただし、申し込み内容によっては、面談なしに審査結果を連絡することもあります。具体的な手続きの詳細は、申し込み後に銀行の担当者から案内されます。

審査にかかる時間は通常最短で2営業日:

審査から借り入れまでのプロセスは通常最短で2営業日かかりますが、申込の受付状況によっては、審査結果の回答に長い時間が必要な場合があります。GMOお得意さま応援ローン特約の場合も、法人口座開設後、同様に最短2営業日で審査が完了します。

申し込みと審査は無料:

申込みと審査の手数料は無料です。

担保や保証人は不要:

通常のローン申込に担保や保証人は必要ありませんが、GMOお得意さまローン特約ではGMOインターネットグループが保証を提供します。

借入金を借り換えできる:

他の金融機関からの借入金を借り換えることが可能です。

資金使途が決まっていなくても利用可能:

資金の具体的な使途が未定でも、事業運営に必要な資金であれば利用可能です。審査時に事業計画書の提出は必要ありません。

部分返済や全額返済も自由にできる:

返済方法は、毎月25日に代表口座から前月末の借入残高の5%と前月の利息が自動引き落としになりますが、インターネットバンキングを通じて部分返済や全額返済も自由に行えます。

「あんしんワイド」の特徴を以下の表にまとめました。

借入限度額 融資枠(借入限度額)は最大1,000万円
金利 0.9%~14.0%(金利は審査によって変わります)
審査 銀行口座の直近3カ月分の入出金明細等をもとに審査が行なわれます。決算書、事業計画書、担保・保証人は不要です。審査は毎年行われ、その際に条件が変更になります。
申し込みから借入まで 最短2営業日、24時間365日で申込可能。来店不要で、すべてオンラインで完結。
インターネットバンキング利用
返済 毎月25日に、前月末日の24時時点の借入残高の5%と前月分の利息が、代表口座から引き落としされます。一部もしくは全額の自由返済も可能です。

「あんしんワイド」を試してみた!【ユーザーの体験談】

「あんしんワイド」は極度型融資ビジネスローンになります。よって、その枠内で使わなければ金利はかかりません。使った分だけ金利がかかる方式です。創業初期や前年度が赤字でも借り入れが可能で、多くの会社が利用しています。ということで、「あんしんワイド」に申し込んでみました。ここからは、体験談をわかりやすく解説いたします。

申し込みから審査まで

申し込みをすると、GMOあおぞらネット銀行からメールにて電話面談の依頼が来ます。スケジュールを調整しましょう。

1.電話面談で聞かれることとは?

スケジュール調整により決めた日時に、GMOあおぞらネット銀行から電話がかかってきます。面談は約30分程度です。以下について聞かれますので事前に準備できることは準備しておきましょう。今回は490万円の枠を希望しました。

2.まずは本人確認があります。

-法人、個人の住所、生年月日
-干支は?

3.次は事業内容について聞かれます。

-事業内容について
-主力取引先は?
-取引内容は?
-従業員数は?
-役員報酬は?
-家賃は?
-取引金融機関は?
-他での借り入れは?
-社会保険料・税金の未納はありますか?
-資金使途は?

審査結果が届いてから契約締結まで

私の場合は1日で審査結果がメールで来ました。150万円限度で、年7%ということになりました。490万円を希望していたのですが、それより少ないということは、恐らく直近の入金と支払いを勘案してのことでしょう。

あんしんワイドの審査結果と今後のお手続きのお知らせ

「あんしんワイド」契約手続き

ここで忘れてはいけないのは、「あんしんワイド」契約手続きをしなければ契約が成立しません。

ログインしたら借り入れ条件が表示されます。条件が間違っていないか念のため確認したら「ご契約手続き」に進みましょう。

借入条件の確認

融資枠型ビジネスローン あんしんワイド 借入条件

自動借入するか否か?

次の画面では自動借入をするか否かを聞かれます。

融資枠の金額 借入利率 自動借入機能

規約と契約書の確認

「極度型ローン契約証書」と「融資枠型ビジネスローン あんしんワイド規定」をクリックしないと先へは進めない仕様になっているので注意しましょう。内容を読んでチェックをしましょう。

「契約に進む」を押したら契約が完了します。

規定・契約書の確認

契約締結から借入まで

契約締結後は、マイページにおいて以下の赤で囲ったように表示されます。更に、借りる場合は以下の緑で囲った部分から借り入れが可能です。

マイページ

次の画面の以下の緑部分を押すと借り入れ画面に切り替わり、借り入れをすることができます。

借り入れ画面

これで借入れが完了します。

「あんしんワイド」の審査は厳しい?

金融機関からの融資と比較して、事業を営む企業が融資を受ける確率は格段に高いと言えます。創業初年度の企業や前年赤字の企業でも、直近の取引状況次第で決算書不要で融資を受けられるというように、審査は厳しくありません。審査の重要なポイントは取引状況です。直近の取引が少ない場合は、資金の流れが分かるように入出金明細を多く提出することを勧める人もいます。さらに、融資金額が最大1,000万円までという特性から、設備投資よりもつなぎ資金に使う方が審査通過に説得力があるとの意見もあります。

「あんしんワイド」の融資を利用する際には、利用条件を理解しておくことが重要です。利用条件は以下の通りです。

次の条件をすべて満たす法人のお客さま
・当社の法人口座(円普通預金口座)をお持ちであること
・営利法人であること(会社の種類が、株式会社、有限会社、合同会社、合名会社、合資会社であること)
・日本に登記上の法人住所があること
・本契約締結時点で法人代表者と取引責任者が同一であること
・当社の他の商品・サービスにおいて、未収、延滞、またはその他利用制限等がなされていないこと
・法人口座(円普通預金口座)が当社Webサイトに掲出する所定の提携企業を通じて口座開設されたものでないこと
・別途定める本商品規定に同意いただけること
※過去に本商品または「融資枠型ビジネスローン あんしんワイド」を利用され、ご解約されたお客さまはご利用いただけません。

(引用元:2022/06/30 「あんしん10万円(極度型ローン・10万円型)」、「GMOあおぞらビジネスローン(freee会員向け)」、「融資枠型ビジネスローン あんしんワイド」商品概要説明書 および規定の改定のお知らせ | お知らせ・プレスリリース | GMOあおぞらネット銀行 (gmo-aozora.com)

「あんしんワイド」が中小企業経営者から選ばれている理由

「あんしんワイド」が他のビジネスローンと比較して中小企業の経営者から高い評価を受けている理由には、いくつかの要因があります。以下にその理由を挙げます。

低金利:
「あんしんワイド」は、その低金利が企業にとって大きな魅力となっています。一般的な銀行系ビジネスローンの金利上限は14~15%で設定されている中、メガバンクはさらに低金利を提供しており、通常1%台から14%の範囲で金利が設定されています。「あんしんワイド」は、0.9%から14.0%の金利で、銀行系ビジネスローンの中でも特に低い金利を提供していることが分かります。対照的に、ノンバンク系のビジネスローンは5~18%の高めの金利が一般的であり、初めての利用者にはしばしば18%の上限金利が適用されることが多いのです。

高い融資限度額:
「あんしんワイド」は、最大1,000万円という高い融資限度額を設定しており、市場における多くのビジネスローンの提供額を上回っています。一般的なビジネスローンの市場では借入限度額が300万円から500万円の範囲であることを踏まえると、「あんしんワイド」の提供する融資枠は特に広いと言えます。

迅速な審査プロセス:
「あんしんワイド」は、審査から融資までのプロセスが最短で2営業日と非常に迅速であるため、すぐに資金が必要なビジネスにとって大きな利点です。ノンバンク金融機関の中には即日融資を提供するところもありますが、銀行系のビジネスローンでは一般に3~5営業日程度の審査期間が必要とされています。「あんしんワイド」はこの迅速な審査プロセスにより、他のビジネスローンと比較して選ばれる重要な理由の一つとなっています。

審査の簡便さ:
決算書や事業計画書の提出が不要で、銀行口座の入出金明細をもとに審査が行われるため、手続きが簡単です。

オンラインでの完結:
全ての手続きがオンライン上で完結し、来店の必要がないため、時間と労力を節約できます。

担保・保証人不要:
融資に際して担保や保証人を要求しないため、より手軽に資金を調達できます。

使途の自由度:
一般的にビジネスローン申込時には、希望融資額とその使途を明確にすることが重要です。使途が融資額と一致していない場合、審査での否決リスクが高まります。それに対して、「あんしんワイド」は資金の使途を問わないため、多様なビジネスニーズに対応可能です。

柔軟な返済プラン:
必要に応じて部分返済や全額返済が可能で、企業のキャッシュフローに応じた返済計画を立てやすいです。

これらの特徴が、多様なビジネス環境とニーズに対応できるため、「あんしんワイド」は評価されています。

最終評価: 極度型融資「あんしんワイド」の真価

GMOあおぞらネット銀行の融資枠型ビジネスローン「あんしんワイド」は、資金調達の手段として現代のビジネスニーズに合った利用しやすい新しいオプションです。私の経験では、必要書類が少なく、オンラインでの手続きがシンプルで時間を節約できる点が特に印象的でした。審査の返答も1日と迅速で、そのスピーディーな対応は大きな魅力です。

金利も年7%という、150万円の限度額で納得できる範囲でした。490万円の借り入れを希望していましたが、150万円の融資になりました。審査基準が厳しいというよりは、おそらく最近の入金と支払い状況を考慮した結果だと思うので、審査結果には納得しています。

電話での対応も心地よく、申し込みから審査結果の受け取りまでストレスフリーでスムーズに進みました。契約の手続きもスムーズに進行しました。

また、操作画面は直感的でユーザーフレンドリーである点も好印象でした。

最後に、GMOあおぞらネット銀行の融資枠型ビジネスローン「あんしんワイド」についての私の体験を振り返ってみると、迅速な対応、シンプルな手続き、そしてユーザーフレンドリーなオンライン体験が大きなメリットとして際立ちました。資金調達はビジネスの成長に不可欠な要素であり、このローンはそんなニーズに応える有力な選択肢の一つであると言えるでしょう。借入れに関しては、各企業の状況を考慮した上での審査がなされ、私自身も結果に納得しています。もし、あなたがビジネスのための迅速かつ柔軟な資金調達方法を探しているなら、GMOあおぞらネット銀行の融資枠型ビジネスローン「あんしんワイド」は検討に値する選択かもしれません。

GMOあおぞらネット銀行の詳細については、以下のバナーをクリックしてご確認ください。

GMOあおぞらネット銀行バナー

お問い合わせ

 

【AD】すぐに資金調達をする方法とは?

すぐに資金を調達できる方法としてファクタリングがあります。審査が簡単ですぐに入金されます。以下の会社がファクタリング会社として有名な会社です。 対面しなくても資金調達が可能な人気の高いオンラインファクタリングサービスについてご紹介します。

ファストファクタリング

対面なしで、かつオンラインで完結します。最短60秒で査定をすることが特徴的です。 将来発生する債権に対してもファクタリングが可能です。さらに、分割での支払いも可能です。 詳細は以下のバナーをご覧ください。ファストファクタリングバナー