東京都が飲食事業者の業態転換に対して100万円まで支援!【東京都・飲食事業者の業態転換支援事業】

アバター投稿者:

東京都は、新型コロナウイルス感染症の流行により、大きく売上が落ち込んでいる都内中小飲食事業者向けに新たなサービスとして「テイクアウト」「宅配」「移動販売」を始める場合、経費の一部を助成します(助成限度は100万円まで)。

宅配や移動販売だけではなく、テイクアウトも対象範囲になっているため、使い勝手は良さそうです。さらに、販売促進費についても対象になるというのが大きなポイントだろうと思います。

「飲食事業者の業態転換支援」の支援内容

助成限度は100万円まで。以下の対象になる助成対象経費の4/5以内を支援。
(1) 販売促進費(印刷物制作費、PR映像制作費、広告掲載費 等)
(2) 車両費(宅配用バイクリース料、台車 等)
(3) 器具備品費(WiFi導入費、タブレット端末、梱包・包装資材 等)
(4) その他(宅配代行サービス等に係る初期登録料、月額使用料、配送手数料 等)

業態転換支援事業の助成率は助成対象経費の4/5以内であり、助成対象経費の1/5は自己負担となる仕組みの助成金ですので、自己負担は発生します。

これで見ますと、一番簡単にできそうなのは「テイクアウト」対応でそのための販売促進費のためにこの仕組みを活用することかと思われます。また、「宅配代行サービス等に係る初期登録料」も対応しているので、Uberや出前館、Woltなどの宅配代行プラットフォームを活用する場合も対象になるので、フードデリバリー対応する際にも活用できそうです。

「飲食事業者の業態転換支援」受付期間

2022年10月31日まで

詳細・申し込み方法

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/conversion.html

【AD】すぐに資金調達をする方法とは?

すぐに資金を調達できる方法としてファクタリングがあります。審査が簡単ですぐに入金されます。以下の会社がファクタリング会社として有名な会社です。 対面しなくても資金調達が可能な人気の高いオンラインファクタリングサービスについてご紹介します。

ファストファクタリング

対面なしで、かつオンラインで完結します。最短60秒で査定をすることが特徴的です。 将来発生する債権に対してもファクタリングが可能です。さらに、分割での支払いも可能です。 詳細は以下のバナーをご覧ください。ファストファクタリングバナー