令和3年度補正予算案に期待!生産性革命補助金が2,001億円(【ものづくり補助金】【持続化補助金】等)

政府は引き続き、新型コロナウイルスによる経済対策として、令和3年度補正予算案の中で中小企業関係を3兆8,594億円とすることに決めました。

その中で、生産性革命補助金が2,001億円。つまり、ものづくり補助金や持続化補助金、IT導入補助金など中小企業の生産性向上、DX化を支援する施策に引き続き支援するということになります。

今回の予算案の特徴についてこの記事では述べたいと思います。

【ものづくり補助金】

業況が厳しい中で賃上げ等に取り組む中小企業向けの特別枠

賃上げは、岸田内閣が掲げる新しい資本主義の実現に向けた重要施策になります。それを具体化するために、賃上げに取り組む中小企業に対して、ものづくり補助金においても優遇する特別枠が設けられます。

特別枠は、優先的に採択されやすくなり、かつ補助率も従来の制度と比べて引上げられます。「通常枠」の補助率はで 中小企業者で2分の1、小規模企業者・小規模事業者で3分の2となっていますので、恐らくはそれ以上に引き上げられるものと思われます。

さらには、これはSDGsやDX化推進の文脈での政策だろうと思われますが、「中小企業グリーン・デジタル投資加速化パッケージ」として、新たにデジタル枠・グリーン枠が設けられます。

【持続化補助金】

賃上げに取り組む小規模事業者に対しても、優遇する特別枠が設けられます。

さらには、後継ぎ候補者が実施する新たな取組や創業を支援する特別枠や、インボイス発行事業者に転換する場合の環境変化への対応を支援する特別枠を設け、上限額を引上げとのことです。

とくに、「インボイス発行事業者に転換する場合の環境変化への対応を支援する特別枠」があることが特徴的です。インボイス制度は、2023年10月1日から導入される消費税の処理・納付にかかわる新たな仕組みであり、当該持続化補助金においても、特にフリーランスの人に対して、インボイス発行事業者に転換するようなインセンティブとしてのものになるかと思われます。

【IT導入補助金】

インボイス方式への対応も見据えた会計ソフト等のITツール導入をこれまで以上に促進するため、
補助率の引き上げ、クラウド利用料の2年分の補助、PC等のハード購入補助を実施になります。

こちらも、特にフリーランスの人に対して、インボイス発行事業者に転換するようなインセンティブとしてのものになるかと思われます。

【事業承継・引継ぎ補助金】

事業承継・引継ぎ後の設備投資や販路開拓等の経営革新に係る費用、事業引継ぎ時の専門家活
用費用、事業承継・引継ぎに関する廃業費用などを補助になります。

【まとめ】

政府による中小企業、小規模事業者への支援施策におけるキーワードとして、「賃上げ、SDGs、DX化、インボイス発行事業者、事業承継」特に、中小企業事業者においては賃上げが推奨されていることと、小規模事業者、フリーランスにおいてはインボイス発行事業者への転換が推奨されています。いずれにしても、ITによる効率化が必要なため、補助金を活用することをお勧めします。

コンサルティングご相談は
以下より承っております(初回相談は無料です)





    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA