完全ガイド 最新動向と大手ファクタリング会社の選び方

完全ガイド:最新動向と大手ファクタリング会社の選び方

アバター投稿者:

経済産業省の債権法改正に伴い、売掛債権の売却を含むファクタリングでの運転資金調達が格段に容易になりました。現在、この制度は大企業から中小企業、そして個人事業主まで利用されています。

特に中小企業や個人事業主にとっては、迅速な運転資金の確保が事業規模や流れに大きな影響を与えます。多様なファクタリング事業者が存在しますが、それぞれの特徴、サポート体系、コスト構造の違いを把握することが、最大の利益を得るために不可欠です。

柔軟な金額設定や低コストのサービスを提供する企業も増加しており、比較検討する価値があります。しかし、一部ではファクタリングに対するネガティブなイメージが持たれています。これは悪徳業者の存在などが原因です。

危険を回避するため、業者の評判、口コミ、過去の実績を確認し、信頼性を慎重に評価することが重要です。コスト、利率、隠れ費用、不利な条項にも注意を払い、契約内容を十分に確認することも大切です。

初めての申し込み、債権譲渡の流れ、クラウドシステムを活用した通知やサポートなど、各業者のサービス内容や手続きの違いを正確に把握することで、ファクタリングの利点を最大限に享受することができます。

本記事では、最新の動向を踏まえてファクタリングを正しく理解し、資金繰りに悩む経営者の方々が、資金調達の手段として有効利用できるように、抑えておきたいポイントをご紹介したいと思います。

ファクタリングについて

書類に書き込む人と電卓

ファクタリングは、企業が資金調達を早く、簡単に行うための金融手段の一つです。対象は、様々な業種の企業で、状況に応じて選ばれます。選び方には注意が必要で、信頼性のある運営会社を選ぶことが重要です。非常に多くの企業がこの方法を利用しており、全国的にも専門のファクタリング会社が増えています。

ファクタリングの流れとして、まず企業は依頼先の選定を行い、その後、専門のスタッフと共に、決済条件などを決めていきます。選ばれた企業は、一括で売掛金を買い取り、企業に対して資金を提供します。この方法で、企業は迅速に資金を調達することができ、キャッシュフローの改善が期待できます。

また、ファクタリングの手数料は、提供する会社によって異なります。料金についての詳細は、事前に電話やWebでのコンサルティングを通じて、しっかりと確認し、分かりやすい説明を受けることが重要です。

ファクタリングは、急な現金需要に応える資金調達方法として非常に有効です。中小企業を中心に、多くの企業がこの手段を利用しています。特に、売掛金の回収が遅延しやすい建設業などの業界で重宝されています。迅速に現金化は可能ですが、それに伴う手数料も考慮する必要があります。したがって、他の資金調達方法との比較を行い、最も適した方法を選択することが肝心です。

大手ファクタリング会社の役割と市場動向

虫眼鏡にNEW TRENDSの文字が写っている

ファクタリングは、企業が取引先からの売掛金を資金化するための金融サービスの一つです。売掛金を保有する企業がこれを第三者のファクタリング会社に売却し、即時の資金を得ることができます。特に、キャッシュフローの調整や資金繰りの改善を求める中小企業にとっては有益なサービスとなっています。

日本におけるファクタリング市場も年々成長しており、多くの金融機関や専門のファクタリング会社がこの市場に参入しています。特に、大手金融機関や大手のファクタリング会社は、その信頼性や取引実績を背景に、多くの企業から選ばれることが多いです。これらの大手プレイヤーは、安定したサービス提供とともに、最新の技術やソリューションを取り入れたサービス展開を行っており、多くの企業にとって頼りになるパートナーとなっています。

大手ファクタリング会社とは?

数々のファクタリング会社が存在する中、信頼性を求めて選びたいのは当然です。その際の選択基準として、大手ファクタリング会社の選定は一つの確かな指標となります。大手ファクタリング会社は、一般的に以下のような基準で評価されることが多いです。

取扱高:

年間のファクタリング取扱高が一定額以上の企業。大手は多額の取引を扱うことが多い。

資本金:

企業の資本基盤の強さ。大手企業は多くの場合、高額の資本金を有している。

業歴:

ファクタリング業界での営業年数。老舗の企業は、長い業歴を有していることが多い。

取引先の数や質:

多くのクライアントや、大手企業との取引実績があること。

サービスの多様性:

さまざまなタイプのファクタリングサービスや関連サービスを提供していること。

信用評価:

信用調査機関からの評価が高い、または一定のレベル以上であること。

ネットワーク:

国内外のネットワークや提携関係が充実していること。

業界内での地位や評価:

その業界内でのリーダーシップや、他の企業からの評価が高いこと。

これらの基準をもとに、信頼性の高い大手ファクタリング会社を選びましょう。各社のホームページでは、チャットボットや問い合わせフォーム、電話を通じて、自社のニーズに合わせたサービスを選定することが可能です。

動向:ファクタリング会社の書類要件が簡素化傾向に

近年、提出が必要な資料が少なく、迅速なファクタリングのサービスを提供する会社が注目を集めています。審査に必要な書類は、請求書や通帳など、わずか2点~3点であり、その限られた情報だけで審査が完了するサービスも存在します。与信審査は厳格に実施され、二重譲渡や偽造といったリスクを排除し、迅速なサービスを提供しています。

資料の記載内容と口座の入出金状況のみを確認し、最短30分での審査完了を実現するサービスもあります。上限1億円、下限数万円という幅広い支援範囲を持ち、24時間体制、土日を問わず対応しています。複雑な手続きや郵送などの手間は全く必要ありません。さらに、ホームページ上には「よくある質問」の一覧や、詳細な情報が整理されており、ユーザーにとって情報のアクセスが容易になっています。

このように、煩雑さを排除し、信頼性の高いサービスを提供するファクタリング会社が増加しており、ビジネスの迅速化を実現しています。

少ない書類でも与信審査が可能な背景

ファクタリングサービスの審査に必要な書類が少なくなっている背景には、以下のような要因が考えられます。

テクノロジーの進化

近年、AIや機械学習技術が進化してきました。これにより、従来の審査プロセスを効率化することができ、少ない情報からでも高精度な信用評価を行うことが可能になっています。また、データ分析技術の進化により、従来必要だった多くの書類を使わずとも、少ないデータ点からでも十分な情報を得られるようになったと考えられます。

デジタル化と自動化

オンライン上での取引や審査が増えることで、物理的な書類の提出が不要になる場合が多くなりました。また、電子データの収集や解析が自動化されることで、手間と時間が節約されるようになりました。

競争の激化

ファクタリング市場も競争が激しくなってきており、顧客獲得のための手続きの簡素化が求められています。顧客が利用しやすいサービスを提供するため、必要書類を減らす動きが活発になっているのです。

過去の取引履歴

一部のファクタリング会社では、顧客との過去の取引履歴を基に審査を行うケースも増えています。これにより、新たな取引の際に再度多くの書類を提出する必要がなくなることがあります。

代替データの利用

SNSやオンラインショッピングの履歴など、従来の信用審査では考慮されなかったデータを利用することで、より迅速で簡易な審査が可能になってきました。

とはいえ、審査の厳格さや必要な書類の数は、ファクタリング会社やそのサービスの内容によって異なることもあります。簡易な手続きの裏側でしっかりとした審査が行われているかどうかを確認するためには、具体的なサービスや会社の信頼性をよく調査することが重要です。

「請求書だけで審査ができる」とか「審査なし」と大々的に謳っている業者には、極めて注意が必要です。中には詐欺まがいの悪徳企業も潜んでいます。請求書のみでの与信審査は実際には困難です。決して手を出さないよう警戒してください。

ファクタリングは違法ではない

六法全書の表紙

そもそもファクタリング自体は、違法ではありません。債権法の民法第466条において債権を譲り渡せます。

(債権の譲渡性)

第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

出典元:民法

このように、ファクタリングは、民法で認められた正当な取引方法です。また経済産業省も利用を推奨しています。

ネガティブイメージの理由

%が書かれたウッドブロックを積み上げる人

ファクタリングにネガティブイメージがあるのは、主に、次のような理由からといえます。

  • 悪徳業者の存在
  • 金融庁による注意喚起
  • 免許や資格が不要

悪徳業者に存在

多くのファクタリング会社は、初めに提示した手数料を変更することはありません。だが、中には約束した手数料を超える請求をする悪質な業者が存在するのです。

加えて、手数料以外にも保証金や審査料として別の費用を要求する事業者がいるので、十分な注意が必要です。ファクタリングの制度そのものに問題はないですが、正当な取引を求める利用者は業者選びに慎重であるべきです。

サービスを選ぶとき、手数料だけでなく、隠れたコストも確認することが肝心です。

金融庁による給与ファクタリングの警告

給与ファクタリングについて、金融庁から警告が発せられています。

給与ファクタリングは賃金業として認識されます。これを活用すると、給与日前に売掛債権をファクタリング業者へ売却することで、通常より早く、手数料を除いた給与を受け取れます。

しかし、賃金業を行うには適正な登録が必要とされています。この手続きを怠ると、不正な金融取引、つまりヤミ金融とみなされるリスクがあります。実際に、無許可で不当な金利を求める事業者が浮上したことから、金融庁は警告を発しています。

ファクタリング業は免許が不要

ファクタリング事業を開始するには特定の免許や資格は求められません。これにより、実質的に多くの者がファクタリングの取引に参加できます。ただし、この事業は貸金業とは異なる点を明確に理解する必要があります。

具体的な融資や金融サービスを行いたい場合、貸金業法に従った登録が必要です。賃金業の特徴的な場面は以下の通りです:

償還請求権の存在
入金日を延ばすための手数料の支払い
債権買取の際、代金の一部のみを受け取る場合

ファクタリング事業者を選択する際、これらの点を確認し、賃金業に該当する行為がなされていないかを検討することが肝要です。

ファクタリングのメリット

都市の夜景を眺めるスーツ姿の男性と3つのグラフ

次に、ファクタリングのメリットとデメリットをみていきたいと思います。まずは、ファクタリングのメリットについて述べていきます。

  • 業績が悪くても資金調達が可能
  • 資金調達までに時間がかからない
  • 売掛先の倒産による不払いを回避できる

業績が悪くても資金調達が可能

ファクタリングを利用すれば、業績が悪化しても、資金の調達が可能です。理由は売掛債権の取引のため、自社の業績が取引に影響がないからです。

そして、業績が悪いときに、いち早く資金源を獲得し、経営の債権ができます。

資金調達までに時間がかからない

また、資金調達に時間がかからないこともメリットの一つです。

融資の場合、資金を獲得するために審査が必要で、最低でも2週間は必要です。ファクタリングの場合、売掛先の業績の確認のみで審査ができるため、融資よりも早く資金調達ができます。

売掛先の倒産による不払いを回避できる

さらに、売掛先が倒産しても、リスクを負う必要はありません。

売掛債権を売却後に倒産し、不払いが発生した場合、ファクタリング会社が責任を負うからです。そのためファクタリングを活用することで、売掛債権の未回収リスクを回避できます。

ファクタリングのデメリット

RISKと書かれた木のドミノを抑える人

次に、ファクタリングのデメリットを解説していきます。

  • 手数料が高くなる場合がある
  • 売掛先から自社の信頼を損なうリスクがある
  • 売掛先の業績次第で資金調達ができない

手数料が高くなる場合がある

ファクタリングの手数料は、融資に比べると高めに設定されていることが多いです。

一般的な融資の1〜10%に対して、ファクタリングの場合は10%以上の手数料を取る会社も存在します。

売掛先から自社の信頼を損なうリスクがある

2社間取引ではありませんが、3社間取引では契約内容によっては、ファクタリング会社から取引を拒否されることもあります。

3社間取引の場合、売掛先も交えての取引が行われます。売掛先に自社の資金繰りが悪いという印象を与えかねないため、今後の取引に影響が出てしまう可能性もあります。3社間取引をする場合は、長い間取引を行っている会社など、債権の売却に影響が出ない会社に限定しましょう。

特に新規で取引を行う会社や大手企業の場合、今後取引を減らされるリスクに注意しましょう。

売掛先の業績次第で資金調達ができない

ファクタリングの審査では、売掛先の業績を元に審査を行います。

自社の業績が良くても相手の業績が悪ければ、ファクタリング会社は資金の回収ができないリスクがあるため、取引が拒否される可能性もあります。

ファクタリング会社の種類

ユニフォームの上に電卓が乗っている

ファクタリング会社は「独立系」「銀行系」「ノンバンク系」の3つのタイプに分けることができます。それぞれの特徴と利点をご紹介します。

独立系ファクタリング会社

特徴:
主にファクタリング専業として事業を展開。
他の金融機関との資本関係がなく、独自の資金調達・審査基準を持っている。
柔軟なサービスや独自の取引条件を持つことが多い。
利点:
専門的な知識や経験を持っており、多様なニーズに対応可能。
従来の金融機関とは異なる新しいサービスや取引条件を提供することが多い。

銀行系ファクタリング会社

特徴:
銀行が親会社または大株主として関与している。
銀行との連携を活かしたサービス展開や資金調達が可能。
利点:
安定した資金基盤を持っており、低金利でのサービス提供が可能なケースがある。
信頼性やブランド力が高いことから、大手企業との取引が多いことも。

ノンバンク系ファクタリング会社

特徴:
銀行以外の金融機関が親会社または関連会社として関与している。
クレジットカード会社やリース会社などが該当。
利点:
銀行とは異なる独自の審査基準やサービスを持つことが多い。
銀行系と比較して柔軟な対応やスピーディな取引が可能なケースがある。

これらの会社の選定にあたっては、自社のニーズや取引条件、必要なサービス内容などを考慮しつつ、適切なファクタリング会社を選択することが求められます。

ファクタリング会社を選ぶ際のポイント

契約書の上にペンが乗っている

ファクタリングについて述べてきましたが、実際にファクタリング会社を選ぶ時、どのようなことに注意したらよいでしょうか。選ぶ際に抑えておきたいポイントをご紹介します。

  • 手数料が相場と同等か
  • 運用歴が長さと評判
  • 契約書に「償還請求権が無い」ことを確認する
  • 現金化までの速度
  • 「請求書だけ」や「審査なし」は要注意

手数料が相場と同等であること

ファクタリングを活用する場合は、手数料が相場かどうか必ず確認しましょう。

ファクタリングの手数料の相場は、以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:10~20%
  • 3社間ファクタリング:1~9%

相場よりも手数料が高い、もしくは著しく低い場合は注意しましょう。隠れた費用がある場合があります。

運用歴が長さと評判

運用歴は、ファクタリング会社を選ぶ際、参考になります。運用歴が長ければ長いほど、取引実績も多くなります。

サービス会社の情報が無ければ、顧客から信頼されず、多くの取引は行えません。運用会社が上場しているかどうかや、株主に銀行などが入っているかも信用を確認できるポイントです。

また、ユーザーが多ければ、口コミも多く、取引先として信用できるかどうかの参考になります。

契約書に「償還請求権が無い」ことを確認する

ファクタリング会社を選ぶ時は、償還請求権が無いところを選びましょう。

償還請求権とは、期日までに売掛金が回収できなかったときに代わりに支払うことです。

売掛先が倒産するリスクがあれば、ファクタリングを使えば損してしまうため、償還請求権がない会社を選ぶことが大切です。

現金化までの速度

優良なファクタリング会社を選ぶ際に大切なポイントとして、現金化までの速度が挙げられます。

ファクタリングを活用する個人や法人は、急いで現金が必要な場合が多いです。そのため現金化までの速度を契約する前にかならず確認しましょう。

一般的な現金化までの速度は以下の通りです。

  • 2社間ファクタリング:即日~2日
  • 3社間ファクタリング:1週間~12日

「請求書だけでOK」や「審査なし」は要注意

ファクタリングの審査では、売掛先の信用力が非常に重要とされ、その比重は9割以上を占めます。ただし、請求書だけでは売掛先の信用調査が難しく、請求書の偽造のリスクや売掛債権の二重譲渡の恐れも考慮されるため、請求書以外の書類も要求されることが一般的です。

請求書だけでOK、もしくは書類を一切確認しないファクタリング会社は、悪徳業者の可能性が高いことがあります。

一般的に、手続きには以下の書類が必要です。

  • 登記簿謄本(法人のみ)
  • 印鑑証明書
  • 本人確認書類
  • 決算書(確定申告書)
  • 取引履歴の確認できる銀行口座通帳
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との売買契約書(3社間ファクタリングで必要)
  • 売掛金の存在を証明する請求書・発注書・納品書

ファクタリングの利用を検討する時は、事前に必要な書類を確認しましょう。

まとめ:ファクタリングを使う時は、違法な業者でないかの確認を入念に!

地球儀とコイン、ブルーと白の画面

近年、ファクタリング業界は大きな変化を見せています。特に手続きの簡素化が進行中で、一部の会社では最低限の書類だけでの与信審査が実施されています。この背景には技術革新や市場競争の激化が挙げられます。しかし、簡易な手続きを謳う中には、悪徳な業者も存在するため、利用時には十分な警戒が求められます。ファクタリングを利用する際は、業者の信頼性やサービス内容をしっかりと確認し、安全で効果的な取引を心がけることが重要です。

お問い合わせ

 

【AD】すぐに資金調達をする方法とは?

すぐに資金を調達できる方法としてファクタリングがあります。審査が簡単ですぐに入金されます。以下の会社がファクタリング会社として有名な会社です。 対面しなくても資金調達が可能な人気の高いオンラインファクタリングサービスについてご紹介します。

ファストファクタリング

対面なしで、かつオンラインで完結します。最短60秒で査定をすることが特徴的です。 将来発生する債権に対してもファクタリングが可能です。さらに、分割での支払いも可能です。 詳細は以下のバナーをご覧ください。ファストファクタリングバナー