M&A成功へのカギ 中小企業におすすめの仲介会社一覧

M&A成功へのカギ:中小企業におすすめの仲介会社一覧

アバター投稿者:

近年、多くの中小企業がビジネスの拡大や新しい可能性を探求するために、M&A(合併・買収)を選択しています。このプロセスでは、M&A仲介会社が重要な役割を果たします。彼らは交渉の手続きから契約までの全ての段階を円滑に進めるための専門的知識と経験を提供します。

企業がM&A仲介会社を選ぶ際、数多くの点に注意が必要です。まず、その会社の評価と実績を比較して、ご自身の目的と整合する企業を選定することが大事です。さらに、担当者が金融や税務、会計の知識を持っているかどうかも重要なポイントです。このような知識は、財務の開示や価格交渉における手数料の計算等、M&Aプロセスの主要な段階において非常に役立ちます。

また、社の構築や体系を理解し、関係の構築にも注力することが必要です。双方の希望を叶える契約を構築するためには、明確なコミュニケーションと関係の構築が不可欠です。その際、企業は気軽に質問や疑念を担当者に伝えることができるような関係を築くべきです。

成功するM&Aを実現するためには、企業が超えるべき数多くの障壁がありますが、適切な仲介会社を選ぶことで、これらの障壁を効果的に克服することが可能です。本記事では、”中小企業におすすめのM&A仲介会社一覧”を提供し、中心となる業務や役割に焦点を当てて、企業が最適な選択をする手助けを目指します。加えて、M&Aの業界構造や株式会社としての運営の特徴、主要な業務内容にも触れていきます。

おすすめのM&A仲介会社一覧:中小企業をサポート

実際にM&A仲介業者を調査してみると、数多くの会社が活躍していることがわかります。それぞれの企業には独自の特徴や違いがありますので、ここで一緒に確認していきましょう。

【M&Aマッチングサイト Himawari M&A Space】

「Himawari M&A Space」とは、ひまわりパートナーズ株式会社が運営する買い手と売り手が直接マッチングできるM&Aのオンラインマッチングプラットフォームです。売り手と買い手が直接マッチングすることで、仲介会社を通さずに案件獲得が可能となり、素早い案件成約や通常のM&Aと比べて手数料の削減が実現できます。上場企業やM&Aに積極的な未上場企業が登録しており、買い手企業の登録数は約200社を超えております。

売り手相談の場合は以下のバナーより
Himawari M&A Space
買い手相談の場合は以下のバナーより
Himawari M&A Space

ゴエンキャピタル

ゴエンキャピタルは、少数精鋭で構成されるM&Aプロフェッショナルファームです。M&A仲介やアドバイザリーのみならず、戦略策定からワンストップでの伴走支援、更には成約後の資産運用やPMIコンサルティングサービスも依頼できます。

詳細は「注目のM&A仲介会社 ゴエンキャピタル(株)代表 前川拓也氏へのインタビュー」をご覧ください。

クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは、完全成功報酬であるだけでなく、業界でも最安クラスの報酬設定でクライアント負担の軽減に努めるM&A仲介事業者です。中小企業に特化したサービスを提供しており、取引価格1億円未満の小規模な案件にも対応します。

あらゆる業種に対応し、女性スタッフによる応対も受けられるなど、多様化するクライアントニーズに応えられる柔軟な事業者です。

詳細は「【プロに聞く】M&Aを考えている中小企業がまずやるべきこととは? 牧野安与氏インタビュー」をご覧ください。

TownlifeM&A

会社や事業を売却したい企業や個人の方に、Townlife企業M&Aが買い手先探しをお手伝いします。

■利益あるうちに売却して資金を得たい
■一部事業を売却して主力事業に注力したい
■不採算部門を清算し、資金調達したい方
■後継者がいなく将来に不安を感じている方
■第三者からの資金投資を検討されている方

これらのご希望をお持ちの方の為のサイトで買い手先をみつけるお手伝いをファイナンシャルアドバイザーが万全の体制でサポートしています。

買い手先をお探しの方はこちらから

Townlife 企業M&Aバナー

サイトマ

サイトを売却することができる、サイト売買仲介サービス「サイトマ」です。

サイトPR文章代行作成、サイトの価格交渉、オフライン営業、面談セッティング、契約書作成、サイトの引っ越し、エスクローサービスなど、作業に関わる全ての作業を、丸投げでお任せ売却することができます。

特に、初めてのお客様から、「安心できた」「ラクだった」「スムーズにすぐ終わった」など、多数の高評価があります。

運営4年で、お客様の声(手書き)が130件以上、売買累計金額13.3億円を突破。

また、「クローズアップ現代プラス」に専門家として創業者がコメント、日刊工業新聞、経済界、家主と地主、東京FMラジオ、など多数のメディアに取り上げられています。

成約率は業界ダントツで、5人に4人が1年以内に成約しています。

サイト売却したい場合はこちらのバナーから

サイトマのバナー

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、日本で最もポピュラーなM&A仲介業者の一つです。着手金や月額報酬は発生せず、初期コストを抑えてM&Aを進められる安心の事業者です。

M&A検討初期から成約に至るまで、オーナー経営者専任の担当コンサルタントが一貫してサポートを届けてくれる、信頼性の高い体制を採用しています。

公式サイト:https://www.ma-cp.com

ストライク

ストライクは、全国エリアで事業を展開する、実績豊富なM&A事業者です。信頼のおける全国の税理士・会計士事務所、金融機関との連携により、ネットワークを活かした最適なマッチング先を検索してくれます。

社内には、公認会計士や金融機関出身者も多数在籍し、業界の専門家が、それぞれの知見を生かしてクライアントニーズに寄り添い、利益の最大化に努められます。

公式サイト:https://www.strike.co.jp

山田コンサルティング

山田コンサルティングは、経営コンサルティング歴30年以上という長い実績に裏打ちされた、経営課題のシームレスな解決を実現するコンサルティンググループです。

M&Aも一つのソリューションとして捉えつつ、組織力を活かして、経営の課題を360°全方位 からサポートし、クライアントにとって、最適な解決策の検討を進めます。

公式サイト:https://www.yamada-cg.co.jp

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、M&Aおよび事業承継の実績が豊富なM&A事業者です。全国の地方銀行の9割、信用金庫の8割、そして1,040の会計事務所と提携し、国内トップクラスの情報ネットワークで課題解決を推進しています。

M&A実現実績は他業種にわたり、全国区であらゆるM&Aを実現してきた経験と優れた分析力を活かした、質の高い課題解決を実現します。

公式サイト:https://www.nihon-ma.co.jp

インテグループ

インテグループは着手金無料でクライアントのM&Aに寄り添う、完全成果報酬制を採用するM&A事業者です。売り手が幸せになれるM&Aをコンセプトとしており、売り手が本来のバリューを得られない問題の解消や、不要なリスクを負わされる課題に取り組んでくれるのが強みです。

中堅・中小企業の取引実績も豊富で、信頼のおける会社です。

公式サイト:https://www.integroup.jp

レコフ

レコフは、1987年より国内のM&A事業に携わってきた歴史のある、経験豊富なノウハウの蓄積が進んでいるM&A事業者です。

業界の蓄積を進めるカバレッジグループと、ソリューション支援を実施するアドバイザリーグループという2つの部門が連携し、クライアントニーズに最適な提案を届けることに尽力しています。

公式サイト:https://www.recof.co.jp

インターリンク

インターリンクはクライアントの強みやニーズに寄り添う、提案型のM&Aを特徴としている仲介事業者です。一見すると尻込みするような売却ニーズであっても、同社が自社独自の強みを見出すことで活路を開き、利益の最大化につながるソリューションを導いてくれます。

公式サイト:http://www.interlink-ma.co.jp

フォーバル

中小・小規模事業者のM&A支援に力を入れているのが、フォーバルです。人材不足で事業承継が手詰まりとなっている企業の問題解決ノウハウが豊富で、経験に裏打ちされた打開策を模索してくれます。

M&Aだけでなく経営コンサルのような、既存企業を存続させるためのソリューションも提案してくれるので、多様な選択肢から最適なものを選べます。

公式サイト:https://www.forval.co.jp/consulting/ma.php

MAパートナーズ

MAパートナーズは、事業のスムーズな継続性確保に向けて全力で取り組んでくれる、オーナーのニーズに寄り添えるM&A仲介事業者です。

M&A推進のためのアドバイスや候補企業のリサーチ、企業評価のノウハウ提供に至るまで、正しい吸収先をピックアップするための知見を得られるのが特徴です。

公式サイト:http://www.ma-partners.co.jp

日本M&Aマネジメント

日本M&Aマネジメントは、中小企業のM&A支援に特化した仲介事業者で、事業売却の相談相手がいないという問題解決に力を入れています。

中小企業の資本マネジメントという根本的な領域から見直しを図り、活気あふれる企業へと生まれ変わるためのサポートを届けてくれる会社です。

公式サイト:http://j-mam.co.jp

M&Aベストパートナーズ

M&Aベストパートナーズは、M&Aをあくまで事業成長の一つの選択肢として捉え、クライアント企業にとって最適な支援を届けることに尽くしてくれる事業者です。

業界特化のアドバイザーと屈指のネットワークを活かし、クライアントニーズを解消できるソリューションの提案に努めます。

公式サイト:https://mabp.co.jp

経営承継支援

年商5,000万円以下の事業者支援に特化している経営承継支援は、クオリティの高いサービスを安価な報酬で支援することに努めている仲介業者です。

費用の問題や、規模の小さな事業であることから、M&Aを躊躇っている方の問題解決に努めており、積極的に活用したいサービスを提供します。支援件数も豊富で、プロによるサポートも得られることから、効果的な承継支援を期待できます。

公式サイト:https://jms-support.jp

M&Aネットワークス

M&Aネットワークスは、売り手専門のM&Aアドバイザーとして、活躍する経営者目線での支援が受けられるM&A仲介事業者です。20年にわたる経営コンサルティングの知見を生かし、最適な提案の提供に尽力します。

持続的な成長戦略に必要な、CFO領域のプロフェッショナルが常駐し、経営課題の解決に向けた機能の提供を行います。

公式サイト:https://es-ma-networks.jp

名南M&A

名南M&Aは、中小企業に強いM&A仲介事業を提供する会社です。特に医療分野におけるM&Aに強みを持っており、地域医療の衰退を回避するためのソリューション提供に力を入れています。

医療の事業承継に特化したチームを抱え、コンサルティンググループ内のネットワークを活かし、事業存続に向けたあらゆる可能性を探ります。

公式サイト:https://www.meinan-ma.com

オンデック

オンデックは、2005年の創業以来、M&A支援事業を届けてきた経験豊富な仲介事業者です。特に、中小企業支援に力を入れており、事業承継問題の解決などにつながるソリューションを提供します。

売り手と買い手の両方にとって、最大限の利益が提供できるような提案を行うことで、速やかなM&Aの実現と利益の確保に努めてくれるため、事業への影響を最小限に抑えることができます。

公式サイト:https://www.ondeck.jp

ウィルゲート

ウィルゲートは、Web・IT領域に特化しているM&A仲介事業者で、近年多くの企業が登場している流動性の高い現場でのソリューション提供に努めます。

完全成功報酬型なので、高いコストパフォーマンスを期待でき、素早いマッチングを自社独自のネットワークで実現するため、経営者の負担を抑えられるサービスが強みです。

公式サイト:https://www.willgate.co.jp/service/mab/

ブティックス

介護・福祉・建設業のM&Aにおいて存在感を発揮するのが、ブティックスです。最大級の展示会運営やeコマース事業を実施してきた経験を活かし、各領域において専門的なアドバイスを提供できます。

事業者のサービスを継続し、地域雇用や福祉サービスの維持を実現できるよう促してくれるので、安心して相談ができます。

公式サイト:https://btix.jp

M&A総合研究所

M&A総合研究所は、譲渡企業完全成功報酬制度を導入しているM&A仲介事業者です。M&A成立まで最短3ヶ月という短期間でプロジェクトを実現できる実行力の高さが強みで、クライアントにとって最大限の利益を迅速に追求します。

東証上場という信頼性の高さに裏打ちされた、安心のネットワークと専門家の知見を活用し、事業存続に向けた道を確保することができます。

公式サイト:https://masouken.com

Blue Partners

Blue Partnersは、M&Aはもちろんのこと事業成長コンサルティングや資金調達コンサルティング、さらにはWeb開発に至るまで、事業に必要なソリューションを豊富に揃えている信頼性の高い事業者です。

M&Aだけが必ずしも唯一の解決策ではないことを前提に、クライアントにとって最適な選択肢を考えられるのが特徴です。

公式サイト:http://bluep.jp

まとめ

M&Aを手がける仲介事業者は多様で、多くの企業がM&Aを検討していることがわかります。今後もM&A市場は活発化することが予想され、その需要は高まっていきます。

自社の領域や事業規模などを踏まえながら、最適な事業者選びを進めましょう。また、選定時には以下のポイントに注意すると良いでしょう。

  • 仲介方式かFA方式か
  • 担当者との相性
  • 自社の業界知識の有無
  • 専門家の在籍、提携状況の有無

参考:M&Aの会社とサービスを一覧比較できる「M&Aルート」株式会社アガルート

お問い合わせ