オンライン完結ファクタリング会社一覧|中小企業の資金調達ガイド【2024年版】

オンライン完結ファクタリング会社一覧|中小企業の資金調達ガイド【2024年版】

アバター投稿者:

オンラインファクタリングのような、いわゆるフィンテックが成長するようになった背景としては、スマホやインターネットが広く行き渡ったこと、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進、そして新型コロナウイルスの感染拡大が挙げられます。

一部のIT業務でしか用いられることのなかったインターネットが、個人レベルで普及したことで、オンラインファクタリングをはじめとする多様なWebサービスが登場しています。また、企業の業務効率化や、人材不足の解消に向けたDXが各組織で進んだことで、データがデジタル化され、オンライン手続きに必要なデータも簡単に用意できるようになりました。

このような時代が訪れる中、世界的に広がったのが、物価上昇と金利上昇による景気減速です。更には、新型コロナウイルス禍で売り上げが減った企業に実質無利子・無担保で融資する仕組みであるゼロゼロ融資の返済が開始されたことにより、業種を問わず多くの企業で資金繰りが困難となり、破産を選ばなければならなかったという経営者も現れてきています。

一方で、需要予測の見通しが経たない以上、大胆な投資や成長に向けた雇用の拡大に踏み切ることが難しくなっています。流動性の高いキャッシュを確保し、持続可能な組織作りに動き始めているのが、多くの企業の現状です。

オンラインファクタリングは、そんな急を要するキャッシュの需要が拡大していることから、急速にサービスが増加している分野となっています。

今回は、人気のオンライン完結型ファクタリングサービスの一覧の他、ファクタリングと銀行融資の違い、ファクタリングサービスの選び方のコツ、メリット・デメリットなど資金調達に役立つ情報を一挙にご紹介します。

ファクタリングで人気上昇中:オンライン完結型サービス

ファクタリングは現代ビジネスにおける資金調達の重要な手段の一つとして確立しています。特にオンラインで完結するファクタリングサービスは、その手軽さと迅速さで多くの企業に支持されています。この章では、ユーザーから高い評価を受けている、人気のオンラインファクタリングサービスを上位3つピックアップし、それぞれの特徴とメリットを詳しく解説します。これからファクタリングを利用しようと考えている企業担当者の方や、より効率的な資金運用を目指す経営者の皆様に、最適な選択肢を提供するためのガイドとしてご活用ください。

1.ファストファクタリング

対面なしで、かつオンラインで完結します。最短60秒で査定をすることが特徴的です。
将来発生する債権に対してもファクタリングが可能です。さらに、分割での支払いも可能です。

詳細はこちらから。以下のバナーからも詳細をみることができます。

ファストファクタリング

2.ラボル(請求書を現金化)

ラボルは株式会社セレス(東証プライム上場)の100%子会社です。請求書の現金化が可能です。1万円~で最短60分で審査が可能。土日祝日も対応可能です。詳細は以下のバナーから、もしくはこちらのリンクをご覧ください。

ラボル(請求書を現金化)

3.OLTA

OLTAはオンラインファクタリングサービスのパイオニアとも言える会社で、即日資金調達の利便性を世に知らしめたサービスを展開しています。

面談不要のオンライン手続きと、最小2%という安価な手数料で対応してもらえるため、安心して利用が可能です。

OLTAを使ってみた体験記事:クラウドファクタリングOLTAで売掛金を売却した実体験!メリット・デメリットまとめ

オンライン完結型ファクタリングサービス一覧

ノートパソコンで作業する人と検索バー

先にご紹介した人気のオンラインファクタリング会社トップ3に続き、手軽に完結するオンライン型ファクタリング会社をさらにピックアップしました。以下一覧表になります。

Good Plus株式会社

お手持ちの請求書を早期に資金化できます。最短90分、必要書類も少ないので即日完了可能です。
簡単手続き ・相見積も歓迎で使いやすい手数料体系です。更には、乗り換え割引もあります。
東京商工会議所会員であり、全国対応可能。どんな業種も柔軟に対応
土日・祝日も対応可能 ・2社間取引で取引先にも通知不要です。

サービス名:Good Plus

特徴:
弁護士ドットコム株式会社が運営・監修する「クラウドサイン」で電子契約。ファクタリング(売掛債権売買取引)では債権譲渡登記は不要。
オンライン完結
個人事業主にも対応

手数料:5%から
入金:最短90分でのスピード入金

東京商工会議所会員番号:C2940574

詳細はこちらのリンクGood Plusをご確認ください。

以下のバナーからサイトへ訪問してください。
Good Plus

注文書買取ファクタリング:BestPay

「BESTPAY」は、フィンテック企業であるTranzax株式会社から提供を受けた次世代のリスク分析手法を活用する事で、債権が確定する以前の受注ベースの資金化を実現したフィンテック時代の新しい入金保証サービスです。

注文書が発行された時点で利用可能な為、着手前の素早い資金調達が可能。
ノンリコースだから補償リスク無し、万が一債権が回収不能になっても依頼者側はリスクはないです。

詳細は以下のバナーよりご確認ください。
BESTPAY

PAYTODAY

AI審査でお手軽、正確な手続きの遂行を実現するのがPAYTODAYです。

手数料率は1%からというリーズナブルな設定であるだけでなく、フリーランスでも利用が可能なファクタリングサービスのため、多くの人に利用機会が開かれているサービスです。

詳しくは以下のバナーからご確認ください。

PAYTODAY

資金調達ONE

全国対応、即日現金化可能、 業界最低値水準(手数料1%〜)少額(10万円〜)の対応もしておりますので気軽に利用が可能。他社利用中の方でも並行して利用していただくことも可能です。

詳細は以下のバナーからご覧ください。資金調達ONE

ベストファクター

株式会社アレシアが運営するオンラインファクタリングサービスです。手数料は2%~になります。

ちなみにアレシア社の代表は班目裕樹氏になりますが、以下の通り述べています。

普通のファクタリング会社では売掛債権の売買のみの関係ですが弊社では現状の資金繰りが何故悪くなってしまっているか、利益率はどうなのか、問題があればどうやって解決するかまで私共が出来る限りのアドバイスはさせて頂いてます。

サービスの詳細は以下のバナーからご確認ください。

BESTFACTOR

ファクタリングのTRY

株式会社SKOが運営する事業者専用ファクタリング(請求書買取)サービスです。申込審査から銀行口座への買取金額の入金まで最短3時間で対応。手数料2%~、買取り金額は無制限であり、個人事業主もご利用OKです。

特徴:
・土日祝日に加えて夜間も営業
・全国に対応
・赤字決算、税金や保険料の滞納など経営状況が悪くても、資金を調達できる。

手数料:5%〜
入金:即日対応(2者間取引のみ)
その他特長:売掛債権の買取可能額

詳細は以下のバナーをご確認ください。

ファクタリングのTRY

MSFJ株式会社

サービス名:事業者向け即日ファクタリング

MSFJファクタリング

特徴:
・10万円~5,000万円の売掛金の買取り
・資金調達のプロが最後までサポート
・3つのファクタリングサービスを提供しています。

手数料:手数料1.8%~
入金:3時間で即日振込可能
その他特長:事業形態に合わせた即日ファクタリングを提供


サービス名:個人事業主専用ファクタリング

個人事業主専用ファクタリング

特徴:
・必要書類は身分証明書、請求書、通帳コピーのみ。
・書類作成、登録費用なし。
・個人事業主専門。

手数料:手数料3.8%〜
入金:即日現金振込可能
その他特長:最低10万円から利用可能

株式会社アクティブサポート

サービス名:QuQuMo(ククモ)

入金まで最短2時間という驚きのスピードを実現しているのが、QuQuMoです。1%の手数料で業界トップクラスの入金スピードを実現し、審査時間も30分程度で完了することも可能など、利用者の利便性を追求したサービスとなっています。

特徴:
・クラウドサインという弁護士ドットコム監修の電子契約サービスを活用
・インターネットで手続きが完結
・売掛金の買取可能額は無制限なので、法人・個人問わずに利用可能

手数料:1%〜14.8%
入金:即日対応(最短2時間)
その他特長:売掛債権の買取可能額 無制限

LINK

LINKは、融資を受けることが難しい中小企業や、すぐにでも現金を確保しなければならない企業に特化した、オンラインファクタリングサービスです。

初めてのファクタリングという場合でも、経験豊富なスタッフが、コンサルティングを通して事業者の資金調達をサポートしてくれます。

SoKuMo

SoKuMoは、即日現金払いのファクタリングをオンラインで簡単に実行できるサービスです。最短30分というスピードで入金も可能という柔軟性を有しており、今すぐに現金が必要となった、という方は安心して利用できます。

トラペイ

全国対応はもちろんのこと、安心のセキュリティ環境でオンラインファクタリングを実行できるのがトラペイです。強固なセキュリティ対策がなされた、第三者機関によるクラウド契約システムを採用し、簡単・確実なファクタリングを実現します。

ジャパンアシストファイナンス

法人向けのオンラインファクタリングに特化しているのが、ジャパンアシストファイナンスです。審査結果を素早くオンラインで事業者に伝え、満足のいく形で買取契約を進められるよう、手続きをサポートしてくれます。

フリーランス限定のファクタリング「labol」

フリーランス限定のオンラインファクタリングになります。GMOリサーチによる540名へのアンケートによれば信頼できる資金調達で1位の実績があります。

詳細は以下のバナーをご確認ください。

ラボル

特徴:
・フリーランス、個人事業主や小規模事業者に特化。株式会社セレス(東証プライム上場)の100%子会社である株式会社ラボルが運営するサービスです。
・非対面契約対応
・土日や祝日にも審査と入金に対応

手数料:一律10%
入金:最短60分での入金に対応
その他特長:買取可能額が1万円から

フリーランス向け報酬即日払いサービス【ペイトナーファクタリング】

報酬即日払いサービスで有名なペイトナー社のファクタリングになります。最短60分で受け取れるというのが特徴的です。フリーランス限定になります。

詳細は以下のバナーからご確認ください。

ペイトナーファクタリング

特徴:
・1万円と少額から対応。個人事業主やフリーランスからも人気がある。審査はAIが行うため、事業計画書などの書類は必要でない。
・手続きは全てオンライン

手数料:10%
入金:即日入金(最短10分)
その他特長:売掛債権の買取可能額 1万円〜100万円(初回のみ25万円まで)

ペイトナーファクタリング

 

中小企業金融サポート機構

サービス名:中小企業金融サポート機構ファクタリング

特徴:
・5秒で終わる簡易診断。審査は最短30分で完了。申し込みから入金までは即日対応
・オンラインファクタリング
・補助金申請相談あり

手数料:1.5%〜10%
入金:最短3時間で入金
その他特長:売掛債権の買取可能額下限・上限なし

GMOクリエイターズネットワーク株式会社

サービス名:フリーナンスby GMO

GMOフリーランスファクタリング特徴:
日本初となるフリーランス特化型のファクタリングサービス
オンラインで申し込み手続きが完了
GMOインターネットのグループ企業

手数料:3%〜10%
入金:最短即日対応
その他特長:売掛債権の買取可能額 1万円から

株式会社トップ・マネジメント

サービス名:トップ・マネジメントファクタリングサービス

トップ・マネジメント

特徴:
業界最多のサービスを提供
手数料の下限が0.5%と安い
請求書の他、受注書や発注書、見積書も買取の対象

手数料:0.5%〜12.5%
入金:即日対応(最短2時間)
その他特長:売掛債権の買取可能額 30万円〜3億円

株式会社ネクストワン

サービス名:ネクストワン

特徴:
少額から高額の売掛金に対応
完全オンラインでの契約も可能
簡単1分審査

手数料:2社間取引:5%~10%/3社間取引:1.5%~7%
入金:最短即日で資金化可能!
その他特長:対応金額:30万円~無制限

株式会社ビートレーディング

サービス名:ビートレーディング

特徴:
2012年4月の創業以来、ファクタリング業界のパイオニアとして3.7万社以上が利用
申込から契約までオンラインで完結
注文書ファクタリングサービスで、資金調達がよりスピーディーに

手数料:2社間取引:4%~12%程度/3社間取引:2%~9%程度
入金:申込から最短5時間
その他特長:対応金額:無制限

ビートレーディングに関しては「ビートレーディングファクタリングのリアルレビュー!本当のメリットとデメリット」がありますので参考にしていただければと思います。

株式会社エスコム

サービス名:エスコム

特徴:
所在地:大阪
オンライン対応可能
請求書を即日資金化

手数料:2社間取引:5%~12%/3社間取引:1.5%~5%
入金:売掛金があれば即日資金化が可能
その他特長:対応金額:30万円~1億円

株式会社インターテック

サービス名:えんナビ

特徴:
24時間365日スピード対応
ノンリコース契約(償還請求権ナシ)のため、安心。
法人・個人事業主に対応

手数料:手数料(5%~)
入金:最短1日で売掛金を資金化
その他特長: 対応金額:50万円~5000万円

株式会社アウル経済

サービス名:アウル経済

特徴:
コンサル会社の運営、少額から可能
オンライン面談で電子契約可能
平均買取成功率97.5%

手数料:1%~
入金:最短2時間
その他特長:1億円上限

株式会社ラインオフィスサービス

サービス名:ジャパンマネジメント

特徴:
東京・福岡を中心に、24時間・日本全国のご相談を受け付けています。
来店不要
医療・介護保険診療報酬買取あり

入金:最短即日
その他特長:5,000万円上限

株式会社 No.1

サービス名:No.1のファクタリングサービス

Fin Techを活用した金融サービス
特徴:
建設業界、個人事業主、フリーランスに特化したサービスを提供。
オンライン完結
他社から乗り換えに特化したサービスを提供

手数料:1%~15%
入金:最短即日資金調達可能
その他特長:30万円~5000万円(5000万以上は応相談)


サービス名:個人事業主特化ファクタリング

株式会社No.1
特徴:
・買取り可能金額:10万円〜5000万円
・最短60分で振込

・乗り換え時のシュミレーションを無料で行っています。

手数料:買取手数料1%〜
入金:最短60分で即日振込可能
その他特長:全国対応、オンライン完結可能

株式会社ウィット

サービス名:ウィット(WIT)

特徴:
500万以下の小口専門ファクタリングサービスを提供
電話で成約

手数料:2社間5〜20%
その他特長:最低30万円最高500万円


サービス名:けんせつくん

特徴:
建設業界専門のファクタリングサービス
完全オンライン手続き
発注時の注文書でも可能

手数料:5%~
入金:最短2時間でお振込み
その他特長:少額から可能 上限なし

株式会社onfact

サービス名:オンファクト

特徴:
全国の法人・個人事業主を対象とした2社間ファクタリングを専門
オンライン契約可能
請求書を買取り・先払い「現金化」

手数料:2%~20%
入金:即日入金
その他特長:30万円以上

株式会社JPS

サービス名:JPS

特徴:
小口の資金需要にも対応
オンライン契約可
2者間取引でも登記不要

手数料:2.0%~10.0%
入金:契約の当日もしくは、翌日に買取金額をお振込
その他特長:買取可能額も10万円から1億円

ピーエムジー株式会社

サービス名:ピーエムジー

特徴:
法人専用でサービスを提供。2社間と3社間取引の両方に対応可能。
他社からの乗換率が98%

手数料:2.0%から
入金:最短10時間で資金調達が可能
その他特長:買取可能価格は50万円から最大2億円

ファクタリング:企業資金調達の革新的手段

現代のビジネス環境において、迅速かつ柔軟な資金調達手段は企業の成長と持続可能性に不可欠な要素となっています。特に中小企業やスタートアップ企業では、資金繰りの難しさが事業の発展を妨げる大きな障壁となり得ます。そのような状況の中、ファクタリングは注目を集めている資金調達の選択肢の一つです。しかし、多くの経営者や財務担当者にとって、ファクタリングの具体的なメカニズムや、従来の銀行融資との違い、そしてそれが自社にとってどのようなメリットやリスクをもたらすかは、十分に理解されていないことがあります。本章では、そもそもファクタリングがどのような資金調達手段であるのか、銀行融資との違いやタイプ別の特徴を詳しく解説し、企業が賢明な資金調達戦略を立てるための知識を提供します。

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングと銀行融資は、ともに企業が資金を調達する方法ですが、その仕組みや特徴にはいくつかの違いがあります。以下にその主な異なる点を比較します。

ファクタリング 銀行融資
仕組みの違い 企業が取引先から受け取る売掛金(未回収の代金)を、ファクタリング会社に事前に売却することで資金を調達します。 企業が銀行からお金を借りる形で資金を調達します。
担保の要不要 一般的に売掛金そのものが資金調達の担保となるため、追加的な担保が必要ないことが多い。 融資を受ける際には、土地、建物、設備などの担保や保証人が必要となることが多い。
調達のスピード 資金調達が比較的迅速。売掛金の譲渡が完了するとすぐに資金を得ることができます。 信用調査や担保の評価などの手続きが必要なため、資金調達までの時間が長くなることがあります。
資金調達の基準 取引先の信用度や売掛金の質が評価の基準となる。 借り手企業自体の信用度、財務健全性、担保の価値などが評価の基準となる。
コストの違い 一般的には、ファクタリング会社に支払う手数料や割引料が発生します。 利息が主なコストとなります。
リスクの取り扱い 保証型ファクタリングの場合、取引先のデフォルトリスク(支払い不能リスク)がファクタリング会社に移転します。 借り手企業自体が返済の義務を持ちます。

これらの違いから、資金調達の必要性や状況に応じて、ファクタリングや銀行融資を選択することが重要です。

ファクタリング会社:3つのタイプと特徴

ファクタリング会社は「独立系」「銀行系」「ノンバンク系」の3つのタイプに分けることができます。それぞれの特徴と利点をご紹介します。

独立系ファクタリング会社

特徴:
主にファクタリング専業として事業を展開。
他の金融機関との資本関係がなく、独自の資金調達・審査基準を持っている。
柔軟なサービスや独自の取引条件を持つことが多い。
利点:
専門的な知識や経験を持っており、多様なニーズに対応可能。
従来の金融機関とは異なる新しいサービスや取引条件を提供することが多い。

銀行系ファクタリング会社

特徴:
銀行が親会社または大株主として関与している。
銀行との連携を活かしたサービス展開や資金調達が可能。
利点:
安定した資金基盤を持っており、低金利でのサービス提供が可能なケースがある。
信頼性やブランド力が高いことから、大手企業との取引が多いことも。

ノンバンク系ファクタリング会社

特徴:
銀行以外の金融機関が親会社または関連会社として関与している。
クレジットカード会社やリース会社などが該当。
利点:
銀行とは異なる独自の審査基準やサービスを持つことが多い。
銀行系と比較して柔軟な対応やスピーディな取引が可能なケースがある。

これらの会社の選定にあたっては、自社のニーズや取引条件、必要なサービス内容などを考慮しつつ、適切なファクタリング会社を選択することが求められます。

ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングには買取型と保証型の2つの主要なタイプがあります。

買取型:これは売掛債権を第三者(ファクタリング会社)に譲渡し、それを即時現金化する手法です。資金の即時調達が目的の場合、このタイプを選択します。

保証型:このタイプは売掛金の回収をファクタリング会社が保証するものです。売掛先の信用リスク、例えば倒産リスクが考慮される際に、このタイプが適しています。

ここでは、買取型に注目して詳しく見ていきます。

2者間ファクタリングの特徴

買取型ファクタリングにはいくつかの方式がありますが、その中で2者間ファクタリングは特に注目されるものです。

この方式では、債権者とファクタリング会社の間で売掛債権の譲渡が行われるため、売掛先への債権譲渡の通知は必要ありません。この点により、迅速に債権を現金化できるメリットがあります。しかし、ファクタリング会社の手数料は比較的高くなる傾向があります。

また、この方式では、債権の譲渡情報は債権者とファクタリング会社の間でのみ共有されるため、ファクタリング会社は二重譲渡のリスクを回避するために、債権譲渡の登記を行うのが一般的です。この登記により、債権譲渡の事実が公的に明示されます。但し、すべてのファクタリング会社が登記を必須としているわけではないので、具体的な取引条件については各ファクタリング会社に相談することを推奨します。

3者間でのファクタリングの概要

3者間ファクタリングとは、債権者、売掛先、そしてファクタリング事業者の3者が関与する契約を指します。

この契約は、3者すべての合意が必要となるため、2者間ファクタリングに比べて手続きが複雑となります。

しかし、この方式では債権が完全にファクタリング事業者に移るため、売掛先に何らかの問題が生じたとしても、他の関係者がその影響を受けるリスクが低減されます。

さらに、2者間ファクタリングとの大きな違いとして、売掛金の支払いが売掛先からファクタリング事業者へ直接行われるため、手数料も抑えられるのが特徴です。

動向:審査書類、簡易化へシフト

近年、提出が必要な資料が少なく、迅速なファクタリングのサービスを提供する会社が注目を集めています。審査に必要な書類は、請求書や通帳など、わずか2点~3点であり、その限られた情報だけで審査が完了するサービスも存在します。与信審査は厳格に実施され、二重譲渡や偽造といったリスクを排除し、迅速なサービスを提供しています。

資料の記載内容と口座の入出金状況のみを確認し、最短30分での審査完了を実現するサービスもあります。上限1億円、下限数万円という幅広い支援範囲を持ち、24時間体制、土日を問わず対応しています。複雑な手続きや郵送などの手間は全く必要ありません。さらに、ホームページ上には「よくある質問」の一覧や、詳細な情報が整理されており、ユーザーにとって情報のアクセスが容易になっています。

このように、煩雑さを排除し、信頼性の高いサービスを提供するファクタリング会社が増加しており、ビジネスの迅速化を実現しています。

少ない書類でも与信審査が可能な背景

ファクタリングサービスの審査に必要な書類が少なくなっている背景には、以下のような要因が考えられます。

テクノロジーの進化

近年、AIや機械学習技術が進化してきました。これにより、従来の審査プロセスを効率化することができ、少ない情報からでも高精度な信用評価を行うことが可能になっています。また、データ分析技術の進化により、従来必要だった多くの書類を使わずとも、少ないデータ点からでも十分な情報を得られるようになったと考えられます。

デジタル化と自動化

オンライン上での取引や審査が増えることで、物理的な書類の提出が不要になる場合が多くなりました。また、電子データの収集や解析が自動化されることで、手間と時間が節約されるようになりました。

競争の激化

ファクタリング市場も競争が激しくなってきており、顧客獲得のための手続きの簡素化が求められています。顧客が利用しやすいサービスを提供するため、必要書類を減らす動きが活発になっているのです。

過去の取引履歴

一部のファクタリング会社では、顧客との過去の取引履歴を基に審査を行うケースも増えています。これにより、新たな取引の際に再度多くの書類を提出する必要がなくなることがあります。

代替データの利用

SNSやオンラインショッピングの履歴など、従来の信用審査では考慮されなかったデータを利用することで、より迅速で簡易な審査が可能になってきました。

とはいえ、審査の厳格さや必要な書類の数は、ファクタリング会社やそのサービスの内容によって異なることもあります。簡易な手続きの裏側でしっかりとした審査が行われているかどうかを確認するためには、具体的なサービスや会社の信頼性をよく調査することが重要です。

「請求書だけで審査ができる」とか「審査なし」と大々的に謳っている業者には、極めて注意が必要です。中には詐欺まがいの悪徳企業も潜んでいます。請求書のみでの与信審査は実際には困難です。決して手を出さないよう警戒してください。

ファクタリングの盛んな業界とその理由

ファクタリングが特に重宝される業界には建設業、製造業、運送業があります。その背景には以下の理由があります。

建設業

ファクタリングの利用が多いのが建設業です。建設業は下請けや孫請けなど支払サイクルが複雑で、売掛回収までのサイクルが長くて資金繰りに苦しむ企業も珍しくありません。

また、建設会社の仕事は公共事業の案件であることも多く、ファクタリング審査が通りやすくなっています。このような理由により、建設業でファクタリングが活用されています。

建設業でのファクタリング活用については、「ファクタリング活用:中小建設業者の資金繰りと資金調達の最適解」も併せてご覧ください。

製造業

製造業では、入金サイクルの問題から十分な原料発注資本が足りなくなることがあります。予想外のヒット商品の製造で、一刻を争う発注が必要になった場合は、即日現金化ができるファクタリングが効果を発揮します。

運送業

運送業は車両購入の他、突然の事故などイレギュラーなトラブルが多いです。トラブルが発生したら、突発的な資金確保が必要となります。このような場合にファクタリングが利用されます。また、融資を受けるとトラック購入時のリース審査に影響が出ることを危惧して、ファクタリングで資金を確保する企業も多いです。

オンラインファクタリングのメリットと選ぶポイント

オンラインファクタリングは、その名の通りオンライン上でファクタリングを完結できる資金調達方法のことを指します。ファクタリングは売掛債権を他社に買い取ってもらうことで成立する資金調達方法ですが、これまではオフラインでの交渉や手続きが運営会社や取引先との間で欠かせませんでした。

しかし、オンラインサービスや法整備が進展した結果、Web上の手続きだけで運営会社と簡単にファクタリングの手続きを進めることが可能となりました。手間がかかる資料の提出もオンライン、メールベースでのやりとりになり、取引先とのコミュニケーションもスムーズに行えます。このような変化により、中小企業の資金調達にかかる時間や手間を大幅に削減し、迅速な現金の確保が実現しています。

オンラインファクタリングを利用することで、具体的にどのようなメリットが期待できるのでしょうか。ここでは以下の3つの強みをご紹介します。

スピーディな現金化が可能

オンラインファクタリングは、何といっても、迅速に現金を用意できるというのが魅力の手法です。銀行の融資においては、新規の場合は数か月かかりますが、多くのオンラインファクタリングサービスでは、審査手続きを自動化しているため、従来のファクタリングほど時間をかける必要がなくなっています。

従来のファクタリングにおいても即日現金化は可能でしたが、オンラインファクタリングは人手を使わず、確実に即日現金化を実現することが可能なサービスとなっています。

手数料がオフラインに比べて安い

オンラインファクタリングは、オフラインのファクタリングと比較して、手数料が安いというのもメリットです。

人手を介さない、スピーディな審査システムを採用しているので、その分運用コストが抑えられています。そのため、手続きに必要な負担が解消され、手数料削減につなげられているのが特徴です。10%を超えることもあるオフラインファクタリングですが、オンラインファクタリングであれば、数%の手数料で現金を手に入れることができます(ただし、業者によっては初回は高い手数料を設定しているケースもあるため注意が必要です)。

24時間申し込み可能

オンラインファクタリングは窓口が開いている時間を気にすることなく、24時間Webから申し込むことのできる手法です。審査そのものは自動で行うため、人間が必要な手続きはわずかです。即日対応なオンラインファクタリング会社もあるので、少しでも早く現金化を進めたい人にとって、ありがたい仕組みと言えるでしょう。

オンラインファクタリング:選ぶポイント

オンラインファクタリングを実現するためのサービス選びにおいては、最適な会社を探すことが大切です。サービス選びのポイントについて、ご紹介します。

ファクタリングについて述べてきましたが、実際にファクタリング会社を選ぶ時、どのようなことに注意したらよいでしょうか。選ぶ際に抑えておきたいチェックポイントをご紹介します。

 手数料が相場と同等か

 運用歴が長さと評判

 契約書に「償還請求権が無い」ことを確認する

 現金化までの速度

 請求書だけや審査なしは要注意

 リスク回避には知名度のある大手サービスがベスト

 手数料の項目をよく確認する

 オフラインのファクタリングサービス利用も視野に入れる

 初回契約は手続きに時間を要することがある

 2者間と3者間の違いを理解しておく

 相見積もりを積極的に活用する

 適正な手数料か確認する

 過度な依存は長期的な資金繰りを悪化させるリスクがある

手数料が相場と同等であること

ファクタリングを活用する場合は、手数料が相場かどうか必ず確認しましょう。

ファクタリングの手数料の相場は、以下の通りです。

  • 2者間ファクタリング:10~20%
  • 3者間ファクタリング:1~9%

相場よりも手数料が高い、もしくは著しく低い場合は注意しましょう。隠れた費用がある場合があります。

運用歴が長さと評判

運用歴は、ファクタリング会社を選ぶ際、参考になります。運用歴が長ければ長いほど、取引実績も多くなります。

サービス会社の情報が無ければ、顧客から信頼されず、多くの取引は行えません。運用会社が上場しているかどうかや、株主に銀行などが入っているかも信用を確認できるポイントです。

また、ユーザーが多ければ、口コミも多く、取引先として信用できるかどうかの参考になります。

契約書に「償還請求権が無い」ことを確認する

ファクタリング会社を選ぶ時は、償還請求権が無いところを選びましょう。

償還請求権とは、期日までに売掛金が回収できなかったときに代わりに支払うことです。

売掛先が倒産するリスクがあれば、ファクタリングを使えば損してしまうため、償還請求権がない会社を選ぶことが大切です。

現金化までの速度

優良なファクタリング会社を選ぶ際に大切なポイントとして、現金化までの速度が挙げられます。

ファクタリングを活用する個人や法人は、急いで現金が必要な場合が多いです。そのため現金化までの速度を契約する前にかならず確認しましょう。

一般的な現金化までの速度は以下の通りです。

  • 2者間ファクタリング:即日~2日
  • 3者間ファクタリング:1週間~12日

「請求書だけでOK」や「審査なし」は要注意

ファクタリングの審査では、売掛先の信用力が非常に重要とされ、その比重は9割以上を占めます。ただし、請求書だけでは売掛先の信用調査が難しく、請求書の偽造のリスクや売掛債権の二重譲渡の恐れも考慮されるため、請求書以外の書類も要求されることが一般的です。

請求書だけでOK、もしくは書類を一切確認しないファクタリング会社は、悪徳業者の可能性が高いことがあります。

一般的に、手続きには以下の書類が必要です。

  • 登記簿謄本(法人のみ)
  • 印鑑証明書
  • 本人確認書類
  • 決算書(確定申告書)
  • 取引履歴の確認できる銀行口座通帳
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との売買契約書(3社間ファクタリングで必要)
  • 売掛金の存在を証明する請求書・発注書・納品書

ファクタリングの利用を検討する時は、事前に必要な書類を確認しましょう。

リスク回避には知名度のある大手サービスがベスト

オンラインファクタリングは、非常に有望なサービスとして注目を集めていますが、一方で悪徳業者の存在も確認されています。

大きなお金を扱うサービスである以上、初めてのオンラインファクタリングという場合には、知名度の高いファクタリングサービスを利用することが、トラブルやリスクなく現金を手に入れる上で重要になります。

手数料の項目をよく確認する

そのサービスが問題のないものかどうかを判断する基準として、手数料割合があります。手数料が法外な価格のサービスの場合、現金化しても想定していたような恩恵は得られません。

多少審査を通してもらいやすそうなサービスを選ぶのは定石ですが、かといって法外に手数料が高い事業者を掴まされてしまわないよう、注意しましょう。

オフラインのファクタリングサービス利用も視野に入れる

オンラインファクタリングでは、審査上問題や不安があるという場合には、オフラインのファクタリングサービスを利用すると良いでしょう。担当者から詳しい手続きの方法について教えてもらえるため、リスクは小さくなります。

とはいえ、オンラインファクタリングほどのスピーディな恩恵を得ることはできなくなるため、現状置かれた環境を踏まえての選択が必要です。

初回契約は手続きに時間を要することがある

オンラインファクタリングの契約に関しては、オンラインで完結できるケースが多くすぐにできそうなイメージはありますが、初回についてはやや手続きに時間がかかることがあります。できるだけ時間的に余裕を見て申し込みをした方が良いです。

2者間と3者間の違いを理解しておく

ファクタリングには前掲のように2者間と3者間のものがあります。ただし、殆どの場合が2社間での取引になるため、3者間に関しては参考程度に理解しておくとよいでしょう。

2者間のファクタリング(二者取引型ファクタリング)

参加者:

売主(元の債権者、つまり債権を売る側)とファクター(購入者、つまりファクタリング会社)の2者のみ。

取引:

売主は直接ファクターに売掛金を売却します。

リスク:

売主が取引先から受け取ることができないリスク(信用リスク)は、一般的に売主が負担します。ただし、取引の条件によってはファクターがこのリスクを負担することもあります。実際はファクタリング会社が負担するケースが殆どです。そのため、手数料は高い。

 

3者間のファクタリング(三者取引型ファクタリング)

参加者:

売主(元の債権者、つまり債権を売る側)、ファクター、そして買主(元の債務者)。

取引:

売主は売掛金をファクターに売却し、ファクターは買主からの回収を行います。

通知:

このタイプのファクタリングでは、買主に売掛金がファクターに移転されたことが通知されることが一般的です。

リスク:

こちらのタイプでは、買主が支払いを行わないリスクは、多くの場合ファクターが負担します。

相見積もりを積極的に活用する

ファクタリングの料金や手数料は会社によって異なります。相見積りを取ることで、最も経済的な条件を持つ会社を見つけることができます。また、実務的な観点でみると入金までのスピードも業者によって違います。更には、担当者が良いか否かも大きく違ってきますので、相見積もりは取るようにしましょう。

適正な手数料か確認する

ファクタリングの手数料は、事業者によって異なるため、適正な額であるかの確認は欠かせません。特に、銀行融資も選択肢として考えられる場合、手数料の差で銀行融資の方が有利になることも考えられます。

売掛債権の金額、支払い速度、取引の具体的な流れをもとに、手数料が妥当かどうかの確認を行いましょう。トラブルを回避するため、事前に手数料の相場を把握して、感じた不備や疑問点は事業者に即座に指摘することが大切です。

特に、年率や月率、売掛金に対する手数料の割合は、確認を怠らないよう心掛けましょう。

過度な依存は長期的な資金繰りを悪化させるリスクがある

ファクタリングを利用することで、通常よりも早いタイミングで現金化が可能ですが、その利点を享受するためには手数料の負担が伴います。

特に中小企業では、資金繰りの難しい状況でファクタリングに頼ることで、手数料の影響で最終的に受け取る金額が削減され、これが長期的な資金繰りの悪化につながることも。

ファクタリングを活用する際には、その仕組みとリスクを十分に理解し、将来的な影響も視野に入れて検討を進めることが重要です。

ファクタリング:悪徳業者には注意を!

手のひらに注意のマークとコイン

ファクタリングを利用する際は悪徳業者の存在に留意しましょう。多くのファクタリング会社は、初めに提示した手数料を変更することはありません。だが、ファクタリング事業を開始するには特定の免許や資格は求められません。これにより、実質的に多くの者がファクタリングの取引に参加できます。そのため、中には約束した手数料を超える請求をする悪質な業者が存在するのです。

加えて、手数料以外にも保証金や審査料として別の費用を要求する事業者がいるので、十分な注意が必要です。ファクタリングの制度そのものに問題はないですが、正当な取引を求める利用者は業者選びに慎重であるべきです。

サービスを選ぶとき、手数料だけでなく、隠れたコストも確認することが肝心です。なお、一般社団法人オンライン型ファクタリング協会がファクタリング事業を営むにあたってのガイドラインを定めており、各業者においては遵守することが求められています。ガイドライン違反企業に対しての申し立てを受け付けています

まとめ:ファクタリングを資金調達に賢く活用

木のブロックを積み上げている

経済産業省の債権法改正に伴い、売掛債権の売却を含むファクタリングでの運転資金調達が格段に容易になりました。現在、この制度は大企業から中小企業、そして個人事業主まで利用されています。

特に中小企業や個人事業主にとっては、迅速な運転資金の確保が事業規模や流れに大きな影響を与えます。多様なファクタリング事業者が存在しますが、それぞれの特徴、サポート体系、コスト構造の違いを把握することが、最大の利益を得るために不可欠です。

柔軟な金額設定や低コストのサービスを提供する企業も増加しており、比較検討する価値があります。しかし、一部ではファクタリングに対するネガティブなイメージが持たれています。これは悪徳業者の存在などが原因です。

危険を回避するため、業者の評判、口コミ、過去の実績を確認し、信頼性を慎重に評価することが重要です。コスト、利率、隠れ費用、不利な条項にも注意を払い、契約内容を十分に確認することも大切です。

初めての申し込み、債権譲渡の流れ、クラウドシステムを活用した通知やサポートなど、各業者のサービス内容や手続きの違いを正確に把握することで、ファクタリングの利点を最大限に享受することができます。

ファクタリングは、企業が資金調達を早く、簡単に行うための金融手段の一つです。対象は、様々な業種の企業で、状況に応じて選ばれます。選び方には注意が必要で、信頼性のある運営会社を選ぶことが重要です。非常に多くの企業がこの方法を利用しており、全国的にも専門のファクタリング会社が増えています。

そもそもファクタリング自体は、違法ではありません。債権法の民法第466条において債権を譲り渡せます。

(債権の譲渡性)

第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

出典元:民法

このように、ファクタリングは、民法で認められた正当な取引方法です。また経済産業省も利用を推奨しています。

ファクタリングの流れとして、まず企業は依頼先の選定を行い、その後、専門のスタッフと共に、決済条件などを決めていきます。選ばれた企業は、一括で売掛金を買い取り、企業に対して資金を提供します。この方法で、企業は迅速に資金を調達することができ、キャッシュフローの改善が期待できます。

また、ファクタリングの手数料は、提供する会社によって異なります。料金についての詳細は、事前に電話やWebでのコンサルティングを通じて、しっかりと確認し、分かりやすい説明を受けることが重要です。

ファクタリングは、急な現金需要に応える資金調達方法として非常に有効です。中小企業を中心に、多くの企業がこの手段を利用しています。特に、売掛金の回収が遅延しやすい建設業などの業界で重宝されています。迅速に現金化は可能ですが、それに伴う手数料も考慮する必要があります。したがって、他の資金調達方法との比較を行い、最も適した方法を選択することが肝心です。

オンラインファクタリングで迅速な資金調達

オンラインファクタリングは、早急な現金確保を急いでいる企業にとっては、非常に利便性の高いサービスです。近年は複数の事業者が登場したことで、手数料1%から利用できるサービスや、30分で入金を完了してくれるものも登場するなど、利便性の向上も進んでいます。最適なサービスや条件を探し、迅速な資金調達を実現しましょう。

ファクタリングに関連する以下の記事もおすすめです。

ファクタリング会社一覧【都道府県別】

各都道府県別のファクタリング会社10選のリンクになります。ご参考にしてみてください。

秋田県のファクタリング会社一覧

岩手県のファクタリング会社一覧

青森県のファクタリング会社一覧

北海道のファクタリング会社一覧

お問い合わせ

 

 

 

【AD】すぐに資金調達をする方法とは?

すぐに資金を調達できる方法としてファクタリングがあります。審査が簡単ですぐに入金されます。以下の会社がファクタリング会社として有名な会社です。 対面しなくても資金調達が可能な人気の高いオンラインファクタリングサービスについてご紹介します。

ファストファクタリング

対面なしで、かつオンラインで完結します。最短60秒で査定をすることが特徴的です。 将来発生する債権に対してもファクタリングが可能です。さらに、分割での支払いも可能です。 詳細は以下のバナーをご覧ください。ファストファクタリングバナー